辛いからこそ、面白い?

“障害者”や“ゲイ”といった言葉をターゲットとしている私のこのブログ。実はコメントよりもメールフォームからメッセージを戴くことの方が、ずっと多いです。
それと共に、様々な境遇の方々、いろんな思いをされている方々と交流させて頂いております。
でもこれらのキーワード、やっぱり明るい話題ではないですよね(苦笑)
私も、ブログ上では伝えてきてない、伝えられないことも、色々とあって、メールでやり取りしてる方には個別に対応していることもあります。
その1つは、精神科への通院のことです。

スポンサーリンク

時には上手に精神科も活用しましょう

実はもう20年くらい、私も必要に応じて精神科に通院したりもしてます。
心が病んでいるとか、精神病ってあんまりイメージは良くないですね。
でも科学的に考えてみると、やる気や意欲を起こさせる脳内物質が多少欠乏してるだけのことなんです。一時的にそれを薬によって補っていって、バランスを徐々に回復させるのです。
そう、風邪をひいたら風邪薬、頭が痛いと頭痛薬。それと同じ感覚でいいんです。
私も、調子が崩れがちになってくると、診察を受けて、薬を処方してもらいます。
不思議なくらいに、徐々に良くなるんですね。
ちなみに、ゲイの方で通院している方は意外と多いです。ネット上でもよく見かけますし、私の飲み友達にも多いです。
それはやっぱり、まだまだゲイというだけで生き辛い、ストレスの多い社会なんだっていうことじゃないでしょうか…。
最初は多少の勇気も必要かもしれませんが、どうしても辛いと感じたならば、精神科も上手に活用してみてはいかがでしょうか。
高知など地方にはなかなかないですが、東京などは同性愛者などを専門としたクリニックもあるようです。こういったものも、各都道府県に1ヵ所はあるようになれば、いいですよね。

自分にやれること

現在、継続就労支援A型の会社で在宅勤務をさせてもらってるものの、体力的なことを考えると一般就労は難しいかなと思っています。
アビリンピックに何度も参加させてもらってはいますが、その先にあるもの(一般就労)が見えてこないことと、腰痛の悪化で、ここ数ヶ月は意欲を失ってました。
昨日、久しぶりにある先生とお会いしまして、色々とお話をさせて頂きました。
その際に、私がアビリンピックに出場することによって、それがテレビニュースや新聞記事となり、多くの方々を励ましているのだということを仰って頂きました。
参加することに意義がある、じゃないけれども、一人一人が自分にやれること、それをしっかりやっていくことによって、何かにつながっているものなんですね。

秘めだるま、小倉編集長の言葉

このブログでも時々紹介させてもらっている、季刊誌『秘めだるま』の編集長、小倉くめさんが、以前こんなことを口にされてました。

障害者が自分一人だったら、秘めだるまの発行などはしない。他にも障害者がいるから、発行を続けている。
声を上げられない障害者のためにも、声が上げられる障害者が声を上げていく。
行動できない障害者のためにも、行動できる障害者が行動していく。

辛いという字に一本足すだけで幸せという字になる。
だれかがその一本になればいい。

まだまだ、私にやれることは何なのか、模索中です。
でも、今後も自分のペースで、やれることを模索しながらやっていきます(^-^)!
いつの日か、このブログがその“一本”となれることを、夢みながら…!!


まだまだ気温の変化の激しい日が続きますね。
どうぞ、健康に気をつけて、お過ごし下さい(^o^)

ブログランキング
ランキングへの応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする